20代の女性

10代の化粧水が合わなくなるなど肌トラブルが増えるのが20代です。

20代はまだまだ若いといっても肌の奥にはシミのもとになるメラニンが蓄積し始めている可能性もあるので、シミ予防のためにも美白を意識した化粧水を選ぶのも良い選択です。

20代の肌の特徴は、乾燥していてもテカってしまったり、毛穴が目立ち黒ずんだ印象になったり、大人ニキビやシミやくすみが気になることもあります。

これらの要因になっているのは水分不足です。

肌の水分量が減ってしまったためにこれらの肌トラブルが起きやすくなってしまい、乾燥する肌を放置してしまうことでシワやたるみなどの肌トラブルに繋がっていきます。

20代の肌に必要なのは水分を補って高保湿な化粧水を選ぶことが大切です。

肌の水分量は年齢を重ねると徐々に減少しますが、20代であっても10代よりは水分量は減少しているものです。

減ってしまった水分を化粧水で補うのですが、高保湿成分が配合されたタイプを選ぶ必要があります。

高保湿成分にはセラミドやレシチン、ヒアルロン酸などです。

高保湿成分が配合された化粧水を使うことで、肌の表面だけではなく内部からシワやたるみなどのケアも期待できます。

20代の肌の悩みには美白や毛穴、ニキビなど個人差がありますが、美白などそれぞれの悩みに特化した成分が配合されている化粧水を選ぶようにします。

美白やくすみが気になる場合には、アルブチンやビタミンC誘導体が配合されているものや、毛穴の開きや黒ずみにはレチノールやビタミンC誘導体などの成分が有効です。

また購入の際に注意したいポイントは、使い続けることができる化粧水であるか、ということです。

肌のターンオーバーを正常にするためには、どんな化粧品を使ったとしても1~3ヵ月は使い続ける必要があります。

使い続けることで効果を実感できますが、高額なものを購入するともったいなくて少量しか使わずに効果が得られない場合や、1本は使っても追加で買うことができないということも考えられます。

20代で自分で自由になるお金を持っているという場合であっても、自分にとって使い続けることができる無理のない価格で、好みの香りやテクスチャーなどを重視して購入するようにします。

20代の化粧水は、高保湿成分が配合されていてしっかりと肌の内側からケアできるようなタイプを選びます。

また肌の悩みは個人差があるので、肌のくすみなどが気になる場合には、高保湿成分に加えて美白成分が配合されている化粧水を選ぶのも良い選択です。

化粧水人気ランキング@20代へおすすめ…調べてみました!
     ↓     ↓     ↓

ランキング