女性は40代になると、20代や30代の時に比べて、シワやたるみなどの肌トラブルが目立つようになります。
とりわけ40代の女性が悩むことが多いのが、顔のくすみです。
そもそも肌のくすみは、皮膚の角質が厚くなってしまうことで起こると言われています。加齢とともに肌のターンオーバーがだんだんと停滞しがちになっていきます。
すると、本来ならばスムーズに排出されていた角質が肌に溜まってしまい、肌がごわごわした触り心地になってしまうのです。
もともと角質細胞は黒色をしているので、徐々に溜まって厚くなることで必然的に肌が黒ずんでしまうというわけです。
その他にも、肌の乾燥によってももたらされると言えます。
一気に肌が乾燥すると、水分量が低下してしまうことで効率よく光を反射することができなくなります。
その結果、光が一気に肌に吸収されるので、くすみやすくなってしまうのです。

このようなトラブルを手っ取り早く解消するには、くすみケアに効果的な化粧品を使うことが大事です。
そのためには、まず保湿作用の高い化粧水を選ぶ必要があります。
肌を乾燥したままの状態で過ごすと、過剰に皮脂が分泌されて毛穴につまることで肌が黒ずんでしまう原因になるからです。
なので、ヒアルロン酸やセラミド・コラーゲンなどの保湿成分がたっぷりと配合されている化粧水を選ぶようにするといいです。

その他にも、美白作用のある化粧水もトラブルに効果的だと言われています。
そもそもくすみは、紫外線を過剰に浴びてメラニンの分泌を活性化させてしまう事も原因と考えられています。
したがって、これをケアするためにはメラニンの生成を抑制する成分・メラニンを作るメラノサイトの働きを抑えられる成分が含まれた美白作用のある化粧水が有効です。
その他にも、体内に活性酸素が増えることでメラニン生成を促進させてしまう恐れがあります。
よって、活性酸素に対抗する抗酸化作用がある成分が含まれたものも選ぶといいでしょう。

ただトラブルを解消するのに効果的な化粧水を購入しても、お手入れ方法が間違っていては意味がありません。
良くやりがちなのが、化粧水を肌に良く浸透させるために強い力でパッティングしてしまう事です。
このように肌に強い力を加えると、逆に肌を守る為に角質が厚くなってしまいます。
つまり、ますます症状が悪化することになるので、必ずコットンを使用して優しく肌に馴染ませるようにする事が大事です。