乾燥に悩んでいる40代のお肌には、どんな化粧水が適しているでしょうか。
まず一番大切な点として、保湿成分がきちんと配合されているかどうかという点が挙げられるでしょう。
40代になると皮脂の分泌量が低下してしまうため、外側からきちんとケアを行ってお肌の保水性を高めてあげることが大切となります。
浸透性の良い化粧水で肌の内側に保湿成分を補い、その後油分を含む化粧品でカバーする必要があるのです。

化粧水に配合されている代表的な保湿成分として、コラーゲンやヒアルロン酸、そしてセラミドが挙げられます。
この中でも特に注目しておきたいのは、セラミドという成分でしょう。
セラミドは細胞と細胞の間で水分や油分を保持するという働きを持つ、お肌のうるおいに欠かせない成分です。
もともと体内に存在しているものであり、細胞間脂質の約半分を占めています。
若々しい素肌には天然のセラミドが豊富に含まれており、水分と油分をしっかりとキープしているのです。
年齢を重ねたお肌はセラミド量が低下し、水分や油分を逃しやすい状態となっています。このセラミドを化粧水で補ってあげることで、乾燥を防ぎお肌にうるおいをプラスすることができるのです。

またセラミドはお肌にバリアを作るという、重要な役割も持っています。
お肌は常に外気の乾燥や紫外線などのダメージにさらされており、天然のバリア機能によって自らを保護しているのです。
つまり年齢を重ねてセラミド量が減少したお肌は、外界からのダメージに弱くなっている、ということになります。
紫外線による影響や日差しの熱、そして空気の乾燥といった様々な刺激が、お肌にダメージを与えているのです。

セラミドに注目をして化粧水選びをするのなら、セラミドそのものの種類についても知っておきましょう。
セラミドには様々な種類があり、合成由来のものと天然由来のものではお肌に与える影響が異なっています。
もっとも肌に馴染みやすく保湿性が高いといわれているのは、合成由来のヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは肌への親和性が高いというだけでなく、刺激が少ないという特徴も持っています。
乾燥した皮膚は刺激に対しても弱く、ちょっとしたことで炎症などのトラブルを起こしがちです。
なるべく低刺激な化粧水を使った方が安心ですから、ヒト型セラミドを配合した製品を選ぶのが良いでしょう。
またアルコールといった刺激になりやすい成分が含まれていない化粧水を選ぶことも大切です。