若い時とは明らかに肌質が変わったと自覚しています。30代の時から徐々に肌が乾燥するようになったと思います。だから、保湿をしっかりとしなくてはならないと強く思うようになりました。40代用と謳っている化粧水を使っているわけではありませんが、今のスキンケアの体験談です。

肌がどんどんデリケートになっています。乾燥とデリケートと二つのことを考えなくてはなりません。だから、化粧水選びはかなり難しいです。40代に突入し、30代の時よりも乾燥するので保湿を謳っている化粧水を使うようになりました。ただし、単に保湿するだけでは不十分です。敏感肌でも使えるかどうかを考えた上で決めました。

肌に刺激となるような成分が極力入っていない化粧水なので、安心して洗顔後もたっぷりと使えます。少しとろみがあるのですが、しっかりと肌になじませるように手のひらを使って押し込みます。夏は押し込むことが大変ですが、それ以外の時期の場合はどんどん吸い込んでいる感じです。それあけ、自分の肌が乾燥しているということでしょう。夏も無理やり押し込んでインナードライにならないように気をつけています。

刺激となるような成分がほとんど入っていないことは、40代の肌にはとても重要かもしれません。今の化粧水にしてからは、ほとんど肌荒れすることがありません。季節の変わり目や生理前後もあまり肌荒れしないからです。以前は肌荒れすることがよくありました。あまりにも乾燥が進んだようで、肌に何もつけられず、医者に行ったこともありましたが、保湿がきちんとされているようで、そういうこともなくなりました。

年代によって、何を使うべきかを考えなくてはならないと痛感しています。40代には40代の肌に必要な化粧水があります。若い人が使っても良いでしょうけれども、保湿力が高く、敏感肌でも使えることまで考えて選んだ方が良いと強く思います。若い頃と同じような肌とまでは言えませんが、肌荒れすることなく、比較的安定した肌にはなりました。

今、昔使っていた化粧水を使ったら肌には合わないでしょう。実際に以前、肌に合わない、乾燥すると感じたことがあります。昔はこれが1番だと思っていた化粧水だったけれど、今の自分の肌には今使っている化粧水が1番良いと思います。たどり着くまでは大変でした。ただ、ようやく自分の肌に合っている1本を見つけることができたので、しばらくはこのまま使い続けたいと思います。