ランキング

20代ですけど…近ごろ、「ニキビ・吹き出物」「毛穴の開き・黒ずみ」「乾燥」…で悩んでます…!

20代の女性のこんな肌トラブルを解消するためには、化粧水でのケアが効果的です。おすすめの化粧水を人気ランキングでご紹介します。

「悩みはさまざま!年代別お肌のお悩みランキング 2018」
最近、こんなタイトルで興味深いリサーチが発表されました。(発表元企業:株式会社エネージア)

それによりますと、

女性の肌悩みについて調査したところ、20代は「ニキビ・吹き出物(55%)」「毛穴の開き・黒ずみ(50%)」「乾燥(47%)」が上位に挙がりました。皮脂の分泌量が比較的多い世代の特徴的な悩みである、ニキビや毛穴関連のトラブルが目立つ中、「乾燥」で悩む割合も多いことが特徴的でした。

この結果を見ると、大人の仲間入りをしたはつらつとした20代女性が、次第に肌の悩みに落ち込んでいく実態を垣間見る思いがいたします。

20代前半のお肌の特徴について

二十代前半はまだ若いから全然大丈夫と思う人も多いかもしれません。

けれど二十代はもう大人です、コラーゲンや色々な美容成分が20歳をピークに減っていくように、昔よりも寿命が延びたせいで分かりづらくなっているかもしれませんが、人の体とは本来20歳で完成するようにできているのです。

だからといって悲観することはありません。

これからの人生を楽しく美しく過ごしていくために、20代前半からしっかりと自分に合ったケアをしていくことが大事なのです。

20代のお肌の特徴といえば、やはり10代とは違うということでしょうか。

今まで使ってきた化粧水が合わなくなったり、問題がうまく解決しなくなったりということが起こりがちです。

そんな慣れない状態のために、必要以上に深刻に思いつめてしまう人もいるかもしれません。

しかし、ストレスは何より健康、お肌に悪いですし、それであせってあやまった対応をしてしまっては傷に塩を塗るようなものです。

落ち着いてそれぞれの症状に合ったケアを心がけましょう。

20代前半のお肌トラブルは「大人ニキビ」が多いのが特徴です。

10代のころにできるものと違って、治りにくいのが特徴です。

そのため、余計にストレスを感じてしまう人も多いです。

このお肌トラブルの原因で多いのは、お肌の水分不足です。

その他の成分と一緒で、お肌の水分も年齢とともに減少していきます。

皮脂汚れなんかもそうなのですが、こちらは30代ぐらいまで上昇を続けるので、そのあたりが少しミスマッチですよね、本当に厄介です。

そういったことで、お肌の水分が不足するので化粧水は保水成分がたっぷり入ったものをお勧めします。

この時に気をつけなくてはいけないのが、お肌の自然回復力に合わせた物を選ぶということです。

20代前半はもう大人といいましたが、それでも40代、50代に比べれば全然まだ若いです、なのでお肌の自然回復力もガンガン働いてくれています。

そこに必要以上に栄養成分なんかを与えてしまうと、かえってお肌トラブルの原因になりかねません。

なので、あくまでずっと同じものを使い続けるのではなくて、それぞれの年代にあったものを選ぶつもりで購入しましょう。

次に、これは20代前半のおはだの特徴とは関係ないかもしれませんが、自分自身のお財布事情に合ったものを選ぶといいです。

20代前半は、まだ金銭面が安定しない人が多いと思います、せっかく買った化粧水も値段が張るからと惜しみながら使っていると充分に効果が発揮できない場合があるからです。

20代前半におすすめのスキンケア方法

初めての就職や一人暮らしなど、20代は環境や交友関係が大きく変化する時期です。

肌も20代がピークであり、この美しさを維持するためにも気になる部分をしっかりとケアすることが大切です。

20代前半の女性の肌の悩みとしては、まず第一に毛穴の開きがあげられます。

毛穴が詰まって開いてしまえばぶつぶつとしたイチゴ状の鼻になってしまう可能性もあります。

毛穴から肌に必要となる皮脂が過剰に分泌されれば、毛穴に古い角質や汚れが詰まる原因となってしまいます。

この場合におすすめのスキンケアは角質ケアです。

定期的に不要な角質をおとして毛穴のつまりを解消し、滑らか肌に整えるのです。

定期的に古い角質を取り除くことにより、毛穴のひらきを防ぐことができます。

また20代前半から半ばにかけてホルモンの分泌量の調整作用によって、皮脂腺が急に活発になり吹き出物が発生することもあります。

このような状態で油分の強い化粧品を使っていれば、吹き出物もひどくなってしまうでしょう。

さっぱりとした乳液などを使い、たっぷりと保湿をするスキンケアを行います。

そしてくすんで疲れたように見える肌で悩む20代前半の女性もいます。

仕事や遊びで睡眠不足に陥ると、その影響がすぐに肌に現れます。

睡眠不足により血行が悪くなり、くすんで疲れたような印象を与えることになります。

これを解消させるためには、寝る前や外出前にはしっかりとスキンケアを行いましょう。もちろん十分な睡眠も大切です。

ストレスや環境ダメージは顔色に大きく影響します。

その中でも紫外線は色素沈着やシミの大きな原因になります。

長時間外で過ごすことがわかっているときには、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

また十分な休息を取らなければ肌の回復が不十分となります。

20代前半の女性におすすめの具体的なスキンケア方法としては、まず第一に汚れを落とします。

マイルドなクレンジングで肌表面の汚れを落としましょう。

メイクをしている場合には最初にクレンジングオイルやクリームなど使いメイクを落とします。

メイクをしたまま寝るのは絶対にやめましょう。

その後ふき取り化粧水で角質ケアを行います。

これにより後から付ける化粧水や美容液が浸透しやすくなります。

化粧水で保湿を行い肌のバランスを整えたら乳液でふたをします。

小じわ予防にアイクリームを使ったり、時にはマスクなどを使い肌に潤いや栄養与える集中的なスキンケアをすることもお薦めです。

特に夜更かしをしたときには最適のスキンケア方法と言えるでしょう。

20代後半の肌の特徴とお手入れ方法

20代後半になってくると、同じようにお手入れしていても今までと肌の調子が違うと感じることもあります。

20代後半はお肌の曲がり角と言われているくらい、以前にはなかったシミや毛穴のたるみ、乾燥などがきになってきます。

20歳を過ぎてから少しずつ始まっている肌の老化が表面化してきいるからです。

20代後半の肌の特徴は、肌の水分や油分の量が減ってきて肌のきめが粗くなり乾燥が目立つようになります。

今まで普通の肌質だった人でも、急に乾燥したり敏感になるなど肌質が大きく変化するのも特徴の1つです。

乾燥によって外部からの刺激にも敏感になり保湿やハリ成分が減少して、小じわやほうれい線が気になり始めます。

また、女性は心のバランスを崩すことによっても肌荒れにつながりやすいです。

ストレスなどによりホルモンバランスが崩れるからです。

20代後半になり変化する理由は、女性ホルモンのエストロゲンが減少し始めるからです。エストロゲンは若々しさを保つのに重要な働きをするもので、減少すると乾燥や小じわなどの変化につながっていきます。

エストロゲンの分泌量は、25歳頃がピークでそれ以降は少しずつ減少していき、それに比例して水分量も減っていきます。

20代後半の変化するときに、ケアをしっかりと行っていないといるのとでは年齢を重ねてから差が出てきます。

まずは基礎化粧品の見直しが必要です。

また、老化の原因である紫外線や乾燥、活性酸素の増加などを防ぐケアを意識します。

肌の老化が現れ始める頃なので、基礎化粧品を使い分けることも大切です。

乾燥するときは油分が含まれているものを使用し、ニキビができやすいときはオイルカットのものを使用します。

その日の調子に合わせたスキンケアをしていきます。

20代後半になって気になるようになっていきたシミやくすみは、美白効果の化粧品を使用し、メラニンを作らないために紫外線対策をします。

シミやくすみができてしまっても、ターンオーバーによって常に新しく生まれ変わります。ターンオーバーを正常にするために、質の良い睡眠や正しい生活習慣を心がけます。

20後半になって水分量が減るために乾燥しがちになり、しわやたるみが気になってきます。対策としては、土台部分からの保湿を行うことです。

土台は、真皮層という表面の表皮層を支えている部分のことです。

真皮層までしっかりと保湿するためには、ヒアルロン酸とエラスチンが必要です。

今までの基礎化粧品が合わなくなってきたら、変化していきてるサインです。

変化に合わせてスキンケアを変えていくことで、若々しさをキープできます。

女性ホルモンを意識した20代後半からのスキンケア

女性ホルモンに該当するエストロゲンの量は、ホルモンケア推進プロジェクトのデータからも20代後半から30代を境に減少傾向に転じていきます。

その為スキンケアはこの現象に対策をする必要があり、エストロゲンと同じ働きをする発酵エキスを含めた大豆が含まれている化粧品がお勧めです。

中でもイソフラボンは、20代後半からの使用を想定したスキンケア用品の多くに含まれており、更年期障害を防ぐ効果もある為、ストレス軽減の視点からスキンケアができます。

尚、ストレスよりも乾燥肌が気になる方は、アカツメクサのエキスが有効で、イソフラボンも含まれている為、肌の保水力向上とシワを改善する形でのスキンケアが可能です。

一方、既に肌に疾患を抱えている20代後半の女性は、同時にそれらの治療も必要になるのでシロバナイリスの美肌成分が必要になります。

通常人間の体は単体では栄養素等を分解する事ができませんが、対応した分解酵素を摂取すると分解作業が効率化されます。

この働きを促進させるのがシロバナイリスで、20代後半から発現する体内の活性化を防いだ上でラミニン5で表皮と基底膜を接続する作用があります。

よって肌のターンオーバーも促進されるので、これが効果的なスキンケアになります。

さらに女性らしい体の維持にも気を使っていたい方には、プエラリアミリフィカエキスから女性ホルモンを摂取しましょう。

この成分は大豆に含まれているイソフラボンよりも40倍以上の含有量がある為、根からとれるエキスが化粧水に頻繁に使われています。

ただしこれらのスキンケア用品を使う際には、年齢の変化に合わせて使用量を調節する必要がある点を留意してください。

例えば大豆に含まれているイソフラボンは、厚生労働省の公式サイトのデータからも1日16mgから22mgとされています。

その為スキンケア用品の1日当たりの使用量にこの量が満たされていない物を購入した場合は、摂取目安量を満たすだけ多めに使用する必要があります。

特にイソフラボンは化粧水によって含有量が違う為、20代後半から継続的にスキンケアを行う時は多めに購入する等の対応が必要です。

目安は年齢を重ねる毎に最大1日40mgの摂取が必要で、これによって20代後半の肌の弾力性を長期間維持できます。

さらにイソフラボンの1日の摂取目安量は75mgに設定されている為、シワが多いからと摂取しすぎると効果的なスキンケアができなくなる事も留意が必要です。

どうしたらテカテカのオイリー肌を改善できるのでしょうか?

20代の女性の顔

油分が多い20代の肌には、これ以上の油分は必要ありません。

油分過多の人は、余分の皮脂を取り除く必要があります。

しかし、ココで大事なことがあります。

オイリー肌の方は、ほとんど、といっていいほど、ケアのポイントを油分を取り除くことにおきがちです。

余分な皮脂汚れをキレイに落す…これは、たしかに必要なことです。でも、あまり行き過ぎて油分を落とすと、かえってダメージを肌に与えることになるのです。

なぜかというと、美しく健康的な肌は、肌を活発にふっくらとさせる水分と、その水分を保護する油分…この水分と油分のバランスがとれてはじめてつくられるからです。

ですので、皮脂の分泌が活発な20代の方の適切な肌のケアは、さっぱりとしたあまり油分が多くない保湿ケアが必要といえます。

そのためには、保湿効果の高い化粧水を、たっぷり使った保湿ケアがおすすめといえます。

20代後半は、隠れ乾燥肌(インナードライ肌)に注意が必要です!!

健康な肌の20代の女性でも、25歳ぐらいをピークにして、水分が減少して、うるおいがある健康は肌が徐々に失われていきます。

そして、新陳代謝の衰えなどにより、内部の乾燥がすすむと、表面は皮脂が浮いているのに、実際は水分不足の肌…いわゆるオイリードライ肌になってしまいます。

自分の肌は脂でテカテカしているのでオイリー肌だ、と思っていても、肌に突っ張り感がある人、実はインナードライかもしれないのです。

つまり、ここでも、水分と油分のバランスがくずれているのです。

対策は、やっぱり、保湿です。保湿効果の高い化粧水を、たっぷり使った保湿ケアが必要なのです。

20代の肌に必要な化粧水の成分は

20代になり肌トラブルが増えたと感じている方は、10代の頃から使っている化粧水が合わなくなっている可能性があります。

たとえば大人ニキビが増えたり、シミやくすみ、毛穴が目立ち黒ずみが気になるなど、10代の頃は気にならなかった悩みが増えるのです。

これらの原因の一つはお肌の水分量が減り、10代の肌に合っていた化粧水ではカバーできなくなっていることが考えられます。

肌の乾燥は20代のうちからもケアしておかないと、シワやたるみなどの加齢による肌トラブルをさらに進行させてしまいます。

20代の化粧水を選ぶときポイントになるのは、肌の水分をおぎなう保湿力と肌トラブルに合った美容成分、そして継続して使い続けられるコスパと使用感も大切です。

まず大切なポイントは、肌の乾燥を防ぐ保湿成分です。

優れた保湿効果を発揮するセラミド、肌に必要な栄養素をゆきわたらせるレシチン、水分の保持や皮膚のクッションの役割を果たす、ヒアルロン酸などがあります。

なかでも外せないのが高い水分保持力をもつセラミドでしょう。

20代の方も肌の悩みは人によって異なります。

くすみが目立つ方は美白、毛穴が目立つ方は皮脂やたるみをケアする成分が必要になるのです。

くすみを改善する美白効果が期待できるのは、過剰なメラニンの生成を抑制するアルプチン、メラニンの生成を抑制するだけでなくコラーゲンの生成も促進するビタミンC誘導体(アスコルビン酸)などがあります。

毛穴の開きや黒ずみには、皮膚や粘膜を強くするレチノール(ビタミンA)、過剰な皮脂の分泌をおさえるビタミンC誘導体も効果的、ニキビを抑制する効果も期待できます。

大人ニキビには、赤みや炎症をおさえる強い抗炎症作用があるグリチルリチン酸2K、細胞分裂を正常な状態に整え、肌荒れやアトピー性皮膚炎にも効果があるアラントインなどがあります。

美容効果のほかにも敏感肌の方は、エタノールが含まれている化粧水は強く刺激を感じる可能性があるので成分表示の前のほうにエタノールが表記されている場合は注意して選びましょう。

毎日のスキンケアで使用する化粧水は、継続して使い続けることが大切です。

そのためには価格や使いやすさなど、テクスチャーの好みも影響します。

20代でもしっかりケアしておきたいと、アンチエイジング化粧水を使いたい方もいるでしょう。

しかし20代はまだ皮脂の分泌が多いため、ベタついたりテカってしまう可能性があるのです。

アンチエイジング系の化粧品は価格も高めなので、含まれている美容成分とお肌の相性、コスパの面でも見極めが大切です。

20代前半と20代後半は、化粧水の選び方に違いでてきます…!

20代前半におろそかにしたケアのツケが回ってくるのが後半…

20代前半の女性の顔

20代前半はまだ肌も若く、悩みもなさそうに思えますし、肌自体にはハリがあります。

しかしそれぞれの人にある程度は困ったこともあります。

多く分泌されがちな皮脂、それによるテカリや化粧崩れ、また、毛穴の開きなどと言った、どちらかと言えば生まれ持ったその人の肌自体の悩みです。

20代後半になってくると悩みはまた違ってきます。

25歳はお肌の曲がり角などといいます。

たるみやしわ、しみなどは早い人は20代後半に差し掛かる辺りで悩むことになる人も多いのです。

20代前半におろそかにした紫外線対策や色々なツケが回ってくるのが後半といえるのではないでしょうか。

そこで20代前半、後半のそれぞれの化粧水等の選び方を見てみることにしましょう。

20代前半…

20代前半の人は、後半の人とは違い、脂浮きなどと言ったベタつきの悩みなどが多いようです。

そのため、クリームを使う際はべたつかないものを選びましょう。

皮脂のベタつきは化粧崩れも引き起こします。

油取り紙や洗顔などで対策する場合は、皮脂のとりすぎに注意しましょう。

過剰に皮脂を取ってしまうと、元々肌を守るために分泌される皮脂がなくなり、無防備になった肌が余計なダメージを受けてしまうからです。

そしてそれを守ろうとするために、皮膚はまた過剰に皮脂を分泌してしまうわけです。

過度な洗顔などは避けるようにしましょう。

そして若く皮脂の多い肌にもうるおい補給は必要です。

内部が水分不足になっているパターンもあるのです。

20代後半には勿論大切な保湿ですが、肌の潤い対策は20代前半の人にもとても大切です。

お風呂あがりには30秒以内の保湿が良いとも言われています。

そして、化粧水を選ぶ際は、ヒアルロン酸など保湿成分の入ったものを選ぶようにしましょう。

20代後半…

20代後半の女性の顔

20代後半の人は前半の悩みに加えてしみやしわ、顔のたるみなどが悩みになってくることが多いです。

前述した20代前半の保水方法なども踏まえながら、その肌ケアに20代後半向きのケアをプラスしないといけません。

例えばコラーゲンやヒアルロン酸が含まれた化粧水や、ローズマリーなど抗酸化作用の強い成分が含まれている化粧水を選ぶなどです。

ビタミンやミネラルが豊富な化粧水も良いでしょう。

また、色んなケア製品で顔をいじりすぎるのも良くありません。

20代後半の肌は出来るだけシンプルに、保湿とフタをするように心がけたほうがきれいな肌になる場合もあります。

赤ちゃんにも使える、優しいワセリンなどはお勧めのクリームです。

勿論洗顔のし過ぎは良くありませんが、程よく清潔な肌を保っていき、20代前半の頃のような肌を保っていきましょう。

20代の化粧水選びにはどんな特徴があるのでしょう。そして、その使い方は…

20代の方は、どちらかというと、メイクアイテムに興味が向きがちです。

しかし、若いうちから正しいスキンケアを行うかどうかで、将来の肌の状態が左右されます。

20代の肌の悩みで多いのは、テカリや毛穴の開きなど、化粧崩れの原因になる皮脂の悩みです。

メイクの腕を上げても、土台となる肌が整ってなければ、かさついたり、べたついたりしてメイクが台無しになってしまいます。

洗顔をしすぎたり、保湿が十分でなかったりすることが多いので、正しいスキンケアの方法を知って、きれいな素肌を作ることから始めましょう。

皮脂が多くてメイクが崩れやすかったり、テカりが気になったりする人が陥りがちなのが、洗浄力の高い洗顔料を使って、何回も顔を洗うというお手入れです。

皮脂が過剰に分泌する理由は、実はうるおい不足が多く、皮脂をとればとるほど、分泌するという悪循環に陥りがちで、毛穴も開いてしまいます。

20代の化粧水は保湿成分が重要…!

案内の女性の顔

20代の肌は、ティーンとは異なり、徐々に肌が大人へと変化していく、揺らぎやすい時期です。

20代と言えば、就職、結婚、人間関係など、人生のターニングポイントが多く潜む年代です。

そのため、環境の変化が多く、ストレスも感じやすいとされています。

周りに流されない健やかな肌を土台から作るには、保湿ケアが重要なポイントとなります。

20代のうちに、揺らぎにくい強い肌をしっかりと作り上げておけば、これから10年先も年齢に惑わされない肌へ導いてくれるでしょう。

洗顔後、最も始めに行うスキンケアが、化粧水です。

まっさらな肌に水分、潤いをたっぷりと与える化粧水が、保湿ケアでは非常に大切なステップとなります。

代表的な保湿成分は、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドなどです。

コラーゲンは、分子量が大きいために肌の奥深くには浸透しにくいとされていますが、肌表面に留まり、水分の蒸発を防ぐ役割があります。

近年では、技術の進歩により、低分子コラーゲンの開発がなされ、肌の奥深くまでしっかりと浸透し、潤いを与えるものもあります。

ヒアルロン酸は、大量の水分を保持することで有名です。

こちらも、コラーゲンと同様に、分子量の違いによって、肌表面に留まるもの、肌の奥深くまで浸透し潤いをもたらすものがあります。

分子量の異なる保湿成分をブレンドすることで、肌内部に留まるもの、肌表面に留まるもの、と働きを分けている化粧水もあります。

セラミドは、細胞と細胞の間にある細胞間脂質という水分を保持し、キメの整った肌を作るものの主成分です。

セラミドがないと、肌は乾燥し、バリア機能が衰え、様々な肌トラブルを招きます。

化粧水でたっぷりのセラミドを補充してあげることで、肌は潤い、健やかに育まれていきます。

この3つの保湿成分を意識しながら、化粧水選びを慎重に行いましょう。

乾燥による敏感肌がひどい場合は、アルコールなど肌への刺激となるような成分を含まない、無添加の化粧水がお勧めです。

刺激の少ない敏感肌用の化粧水も販売されています。

普段から、どのような成分が肌に合わないのか、自分でも理解しておき、原材料のチェックも行いましょう。

自分の肌を良く知ることで、より良いスキンケアアイテム選びの参考になります。

たっぷりの保湿成分で肌に潤いを与え、健やかな肌の土台作りを行うことが、これから先の見た目年齢にも影響します。

20代のうちから気を抜かず、質の良い化粧水で丁寧にスキンケアを行いましょう。

20代におすすめの化粧水…

人間は20歳を過ぎるとお肌の曲がり角と言われており、20代に入ると10代のように何もしなくてもピチピチだったということはなくなりますので年齢に適したケアが必要になってきます。

20代に適した化粧水や乳液というよりかは、自分の肌質に合わせて化粧水や乳液をチョイスすることをお勧めします。

エイジング成分等が入った化粧水等は30代以降に使用しても問題ありません。

また季節によって化粧水等の種類を変えるのもお勧めです。

日本には四季があるので、夏に使用していた化粧水が冬になったら肌に合わなくなるということも少なくありません。

30代、40代を綺麗に年を重ねるためにも20代のスキンケアは非常に重要な位置づけとなります。

20歳と29歳では肌質も変わってくることあがるので、スキンケア製品を変更するのも一つの手になります。

乾燥肌の人は保湿成分を含んだ製品を使用することをお勧めします。

乾燥肌を改善してくれる保湿成分はヒアルロン酸やコラーゲンやセラミドになりますので、これらの成分が配合されているものを選びましょう。

毛穴の悩みがある人はさっぱり系の製品がお勧めです。

敏感肌の人はアルコールフリーの製品を使用することをお勧めします。

美白にしたい人は美白成分の含まれているもの、ニキビ肌の人はニキビ専用の製品も販売されていますのでそれを選びましょう。

20歳を越えたニキビは思春期のニキビとは違って大人ニキビになり、原因としては食生活の乱れ・ストレス・紫外線・ホルモンバランスの変化・乾燥などになります。

思春期ニキビよりも治りが遅い傾向にありますので、原因を解消することも大切です。

ビタミンC誘導体や抗炎症作用があるグリチルリチン酸が配合されている製品を選びましょう。

化粧水と乳液は必ずしも同じメーカーのものを使用しなければいけないというわけではありませんが、同じメーカーのものを使用することによって相乗効果を期待できることもありますのでメーカーの説明をよく確認することをお勧めします。

女性の場合はホルモン周期も肌に影響してくるので、肌の体調によって使用する化粧品を変える人も少なくありません。

生理前や生理中は肌が敏感なので、セラミドやアミノ酸などの保湿成分の含まれているものがお勧めです。

それ以外の時期は肌の水分と油分のバランスがよくなります。

毎日使用するものになるため、使い続けられる値段の化粧水や乳液を選ぶということも重要です。

20代で脂性肌の人向けの化粧水の選び方・ケア方法

20代の女性

13~17歳の思春期になると大量の成長ホルモンが分泌される影響で、皮脂が多くなります。皮脂の分泌が多い時期が20代の前半頃まで続くケースもあるので、この年代の女性で脂性肌に悩んでいる方が多いようです。

20代の若い方は皮脂の分泌量が多いので、ニキビや毛穴が詰まってできる角栓に悩んでいる脂性肌の方は少なくありません。
ニキビや角栓を防ぐために念入りに洗顔をして皮脂を除去したり、さっぱり系や拭き取り系の化粧水を使用している方がいます。
実は脂性肌の方が皮脂を完全に洗い落としてしまうと肌が乾燥してしまい、不足した水分を補うために更に多くの皮脂が分泌されてしまいます。
脂性肌むけのさっぱりした化粧水を使用しても効果がないと感じる場合は、肌が乾燥することで悪影響が及ぼされている可能性があります。

さっぱり系の化粧水を使用しても肌のテカリやニキビ・角栓などが改善しない場合は、皮脂を落とし過ぎないようにしてみると良いでしょう。
洗顔方法の改善に加えて、さっぱり系ではなくて保湿系の化粧水に変えてみることができます。
肌の乾燥を防ぐことで肌荒れを防ぎ、皮脂の分泌量を減らして顔のテカリを改善することができる場合があるからです。

しっかりと肌の保湿ケアをしているのに顔のテカリやニキビが改善しない場合は、他の原因で皮脂が過剰に分泌されている可能性があります。
女性であっても男性ホルモンが多く分泌されると、皮脂腺の働きが活発になって皮脂の量が多くなってしまいます。
ホルモンの分泌は遺伝による影響もありますが、睡眠不足や生活リズムが乱れてホルモンバランスが崩れると過剰分泌の原因となります。
皮脂が過剰に分泌されないようにするためには、規則正しい生活をしてホルモンバランスを整えることも大切です。

ホルモンバランス以外にも、栄養バランスが偏ることでも皮脂が過剰に分泌されてしまう場合があります。
脂っこい食品(インスタント食品や洋菓子など)や糖質を摂りすぎてしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまいます。規則正しい生活とバランスの取れた食生活をすることで、肌の健康を取り戻すことができる場合があります。

20代で脂性肌でお悩みの女性は、保湿系の化粧水に変えてみたり洗顔の際に皮脂を洗い落とし過ぎないようにすることが大切です。
これに加えてバランスの取れた食生活や規則正しい生活を心がけるようにして、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

では、いったい、どの化粧水がいいのでしょうか?…どの化粧水を選べばいいのでしょうか?

大事な点は、今の自分の肌にあった、効果が十分に実感できそうな、そして安全な化粧水を選ぶということです。

ところが、これはなかなか至難の業で、チョット簡単にはいかないのが現状でしょう。

そこで、このような方のために、20代におすすめの人気の化粧水をを調べてみました。

実際の使用者のクチコミやレビュー、モニター調査、売れ筋情報やリピート率などからの、サイト独自の調査の結果ですが、ランキングでご紹介します。

ランキング

化粧水  20代へおすすめ  人気ランキング・リスト


  1. アヤナス  トライアルセット【decencia】……アヤナス・ローション・コンセントレート

    decenciaアヤナストライアルセット画像ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌ケアをしながら、ほうれい線・シワ・たるみのない肌を実感させる化粧品セットです。
    ポーラ研究所のエイジングケア研究の集大成である「アヤナス」の特許技術ヴァイタサイクルヴェールR』により、外部刺激をブロックし、徹底保湿することで、肌のバリア機能をUP
    そして、コラーゲン産生量を170%アップするオリジナル成分配合により、ハリ・弾力をアップさせ、さらに、新知見の「ストレスによる肌荒れ」に徹底対応し、ダメージに負けない、肌荒れのないエイジレスなうるうるハリ肌へ導きます。
    すでに体験された方の声も、「6日目で肌に弾力が戻ってきました!!」「敏感肌でも安心のエイジングケア…!」…などと好評で、数々のベストコスメを受賞し、メデイアでも数多く取り上げられています。
    この度(2016年秋)、リニューアルによりパワーアップして新アヤナスとして誕生…。セット内容は、化粧水・美容液・クリームの3アイテム。特に、濃密化粧水のアヤナス・ローション・コンセントレートは、通常のセラミドの1/20サイズの「セラミドナノスフィア」が肌の奥まで潤いを届け、柔らかな肌へ。さらに、20種類もの美肌成分がぐんぐん浸透し、より深く肌へと働きかけ、輝きをもたらします。
    今なら、じっくり試せる10日間トライアルセット初回限定の特別価格!プレセント付き(アヤナスアイクリームコンセントレート1回分)、さらに、30日以内全額返金保障、送料無料、手数料無料で提供されています。

    詳細を見るアヤナストライアルセット


  2. 米肌【まいはだ】  (コーセー)……肌潤化粧水

    コーセーの米肌の画像ライスパワーによるセラミド配合の肌潤化粧水を含む化粧品お試しセットです。
    お米を長時間発酵熟成したライスパワーNo.11は、水分保持能のカギ「セラミド」を作り出し、自らうるおう肌へと改善します。
    そして、肌のうるおい不足による開き毛穴、でこぼこ毛穴などの毛穴の悩みをなくします。
    すでに多くの方が体験されていますが、「肌がふっくら毛穴も気にならない。(S.Eさん 27才)」「毛穴だけじゃない、うれしい肌効果も♪(S.Tさん 30才)」と好評で、満足度90.6%(コーセー調査)20代、30代による支持が多いのも特徴です。
    また、タレント・モデルさんも注目し、女性雑誌にも多数掲載されるなど、メディアでも取り上げられています。
    今だけの、通販限定、14日間トライアル6点セットが特別価格で送料無料、肌潤化粧水マスク(非売品)のプレゼント付きで提供されています。

    詳細を見る米肌で理想的な素肌を


  3. アルケミー(alchemy)トライアルセット    (レクシア)……ハイドロ・リフレックス・ローション

    ハイドロリフレックスローション(アルケミー・トライアルセット)の画像
    いま注目の酵母発酵エキスを配合した、保湿スキンケア・セットです。
    化粧水・ハイドロリフレックス ローションは、独自に開発された酵母発酵エキスVEGALによって、優れた保湿性、弾力性を発揮し、高い浸透性で角質層までしっかりとうるおいを届けます。
    肌内部の水分と油分のバランスの乱れによって20代後半から訪れる肌の変化…毛穴の開き、ハリ不足、テカリ、うるおい不足、etc…の肌の悩みを、潤い・弾力アップでトータルカバーし、あこがれの凛と輝く素肌を実感させます。
    すでに体験された方の声も「翌朝、お肌を触ると、プルッと弾力感が…!(20代・乾燥肌)「全てがしっとりとした使用感でとてもびっくり…!(20代・乾燥肌)」など好評です。
    今、メディアや女性週刊誌で話題実力派スキンケアです。
    今なら、トライアルセット( 化粧水をふくむ5アイテム1週間分 )が、お得な特別価格・送料無料で提供されています。

    詳細を見る「アルケミー(alchemy)」トライアルセット


  4. 草花木果  竹……透肌(とうき)化粧水・竹(しっとり・さっぱり)

    草花木果 竹の画像毛穴が開いている人限定の、毛穴対策専用のスキンケア商品です。
    20代は、特に皮脂分泌が盛んな年代です。
    皮脂や角質が毛穴に詰まると、黒ずみやニキビなどのトラブルになります。
    小鼻の毛穴、ほおの毛穴、ファンデで隠せない凸凹毛穴、パックリ毛穴…が、ほんとうに目立たなくなる!と大人気の毛穴ケアです。
    肌の角質クリア機能をサポートするアミノ酸、贅沢に配合された古くから伝わる天然成分竹エキス・ヒオウギエキス・関平温泉水が、肌に負担なくザラザラごわつきのない、クリアな肌にみちびきます!
    透肌化粧水・竹は、使用感から「しっとりタイプ」「さっぱりタイプ」が選べます。
    すでに愛用者の声も、「ザラつきがなくなり毛穴がつるつるに!」、「使った翌朝は肌がきゅっと引き締まる!」などと好評で、リピーター続出!
    有名女性雑誌でも紹介され、販売実績も500万本を突破!(※キナリ調べ)
    今なら、お一人様1セット限定のお得な10間トライアルセットが特別価格で提供されています。プレゼント付きで、全国送料無料です。

    詳細を見る透肌トライアルセット・竹


  5. アスタリフト(ASTALIFT)  ベーシックトライアルキット  (FUJIFILM)……モイスト・ローション

    アスタリフトASTALIFT社画像フジフイルム「成分×独自技術」のアプローチで実現した化粧品セットです。
    アスタキサンチンと、みずみずしいトマトの力、ナノリコピンWの赤いチカラで、感動のハリ実感へと導きます。

    トライアルキットの内容は、<新感覚のジェリー状“先行”美容液>、<化粧水>、<美容液>、<クリーム>の4アイテム。
    特に、アスタリフト ローション<化粧水> 20mL は、独自のナノ技術で驚きの浸透力!ダブルの赤のパワーでうるおいに満ちたやわらかな肌へと誘います。
    カメラのフィルム作りに必要な技術と、スキンケアの商品作りに必要な技術には、意外な共通点がいっぱいあり、長年のフィルム作りで培ってきた富士フイルムだから生み出せた独自技術が『アスタリフト』高品質の秘密となっています。

    松田聖子のCMで一躍、話題になり、すでに多くの方が体験し、モニター向け使用感アンケートでは、「うるおいを感じた…91%」「ハリ・うるおいを感じた…87%」「継続して使いたい…92%」と好評です。
    今なら、基本4品を5日間しっかり試せるこのベーシックトライアルキットが、通販限定特別価格送料無用で提供されています。

    詳細を見るアスタリフト


  6. ライスフォース    (トライアルキット)……ディープ・モイスチャー・ローション

    米肌美人ライスフォース社画像ライスパワーエキス配合のスキンケア「ライスフォース」のトライアルセットです。
    お米のエキスのチカラで、のどの乾きを癒やすようにうるおって、肌をスッキリとさせてくれます。
    手間・ヒマかけられない人のエステ級コスメとして、「キメが整って、肌がふっくらやわらかくなりました!(モデル・とよばさき さん)」など芸能界やモデルの方々にも愛用者が急増しており、プロも認める高い品質で、満足度はうるおい97%キメ99%、ハリ・弾力91%、毛穴の開き89%…と高い評価を得ています。
    化粧水・美容液・クリームの3点セットで、極潤美白セット(うるおいと毛穴)、透明美白セット(シミ・くすみ)のどちらかのタイプが選べます。
    今だけの、トライアルキット特別価格!さらに、3大特典として…使用後でも返品OK!全国送料無料!手数料無料!が付きます。

    詳細を見るライスフォース・トライアルキット


  7. d プログラム トライアルセット    (資生堂)……バランスケア・ローション

    d プログラム トライアルセット資生堂の画像資生堂の「ときどき敏感肌」を予防する化粧水・乳液のセットです。
    肌の悩み、肌の状態によって4タイプが選べるdプログラムの提供です。
    特に化粧水は、敏感な肌もうるおいでやさしく包み、美肌バリアを整え、いつみられてもいい素肌へと導きます。
    4タイプの内容は、1.アンバランスな肌に…バランスケア・セット2.乾燥しがちな肌に…モイストケア・セット3.年齢を感じ始めた肌に…バイタルアクト・セット4.ニキビができやすい肌に…アクネケア・セット
    いずれも、新しくなったdプログラムの魅力を体感できる1週間トライアルセットです。
    資生堂オンラインショップ「わたしぷらす」の利用となりますので、WEB限定の特典…ラブリー巾着のプレゼントと500円相当のクーポン券が付き、美容のプロにチャットで相談ができます。さらに、送料無料のサービスとなります。

    詳細を見る資生堂 dプログラム トライアルセット


  8. ホスピアップ  化粧水    (湘南美容外科クリニック+メタトロン化粧品)

    ホスピアップ化粧水の画像湘南美容外科クリニックメタトロン化粧品共同開発したリフトアップ化粧水です。
    これまで、化粧水に配合するのが難しいとされてきた「ホスファチジルコリン」を高濃度配合しています。
    このため、女性の永遠の悩みといわれるフェイスラインの悩みを改善し、肌にハリをあたえます。
    フェイスライン、マリオットラインにお悩みの方二重顎が気になる方へおすすめです。
    すでに、使用されて方の声も、「鏡で見る自分の印象が違う!」「気持ちも表情も上向きです!」などと好評で、湘南美容外科での化粧品販売本数が3ヵ月連続1位の実績をあげるなど、人気との実力をもった化粧水です。
    今回、湘南美容外科の専用フェイシャルローションのホスピアップを特別に3000本をWEB限定で販売!
    今なら、お得な定期便初回価格47%OFF!の特別価格送料無料で提供されています。

    詳細を見る【ホスピアップ】


  9. ラ・ミューテ  美肌セット  ……エンリッチ化粧水

    アクアフォースエキストラの画像ラ・ミューテが提供する、保湿・美肌セットの化粧水です。
    朝に摘んだダマスクローズの優雅な香りとともに、通常の約3倍ある熟成ダマスクローズの天然美容成分が肌に浸透し、乾燥した肌からみずみずしい透明感のある肌へと導きます。
    さらに、超微粒子「ナノヒアルロン酸」「ナノコラーゲン」を配合していますので、肌の内側から湧きあがるような潤いとハリのある…つい、うっとりとして触れたくなるような素肌を実感できます。
    全国の美容モニターさんの調査でも、「翌朝まで潤いとハリが…!」と大満足・高評価の商品です。
    ラ・ミューテでは、エンリッチ化粧水をより効果的に使用できるよう、洗顔フォームと美容液を加えた美容セットを提供しています。
    現在、その美容セットを半額の特別価格(期間限定)で提供する半額お試しコース(送料無料・180日間返金保証・豪華プレゼント)のキャンペーンを実施中です。

    詳細を見る92%がキレイになった!大人にきび・肌荒れの悩みに!


  10. イキテル  ローション  (ヤクルト)

    ヤクルト「イキテル」ローションの画像Yakultが提供する、混合肌むけの化粧水です。
    テカリ小鼻、ギトギトおでこ…カサつくほほ、ザラザラあご…混合肌の原因のうるおい不足を、乳酸菌研究を続けてきたヤクルトの技術を応用したスキンケア商品です。
    ヤクルトがビンで売られていた時代に、回収したビンを洗っていた手がすべすべになるのに気がついて、肌になじみやすく保湿性の高い乳酸菌の美肌成分の発見につながったエピソードが有ります。
    今だけの、たっぷり1.5ヶ月分の「イキテル」ローションがWEB限定の半額特別価格・送料無料のキャンペーン中です。

    詳細を見るイキテル化粧水半額キャンペーン


  11. ランキング TOP↑


    20代と美容・スキンケアあれこれ…

    20代から美肌作り、化粧水で早い時期から…!

    20代はメイクに興味がありますが、正しく使えているのでしょうか?

    20代の人が抱えている肌の悩みは、毛穴の開きや化粧崩れ、テカリが挙げられますが、主な原因は皮脂の悩みです。

    20代でメイクが上手い人は多いですが、肌を整えてからでないと、カサつきやベタつきやすくなってしまいます。

    洗顔のしすぎや保湿が肌に対して足りていない事も多いのです。

    また20代から化粧水での保湿や乾燥肌、シワや肌荒れ予防をしていないと、年齢が進むにつれて肌は思い通りに行かなくなってきます。

    そして、こんなはずじゃなかったと思っても、そこから挽回するのは努力が必要になってくるので、美肌対策は化粧水で早い時期からしておきましょう。

    化粧水をつけた20代の女性の顔

    化粧水に含まれるプラセンタは、新陳代謝を活発にさせることによって透き通った白い肌を形成してくれるようになります。

    またセラミドは肌の水分量を保つ、保湿機能を高め、ストレスや細菌の侵入などを阻止したりするなどの役割があります。

    女性は毎日使う化粧水だからと、化粧水の質にはこだわりたいのですが、暑い季節には特に目立ってしまう毛穴対策のためにも化粧水を使うことは必要なのです。

    化粧水を上手く使う事で肌トラブルをなくし、美肌を作る事で自慢の美肌を見せつけ、20代のもちもち肌でナチュラルメイクを目指しましょう。

    肌荒れに悩む20代におすすめの化粧水は…?

    肌荒れに悩む20代の女性の顔20代の方は、まだお肌にシミやシワもほとんどない方が多く、スキンケアよりもメイク用品に興味があるかもしれません。しかし20代後半になると人によっては小じわが気になる方もいますので、早めのエイジングケアをスタートさせた方がよいでしょう。

    20代の方は、ニキビによる肌荒れに悩んでいる方も多いでしょう。

    まだ皮脂の分泌も活発なので、肌がオイリーに傾き、ニキビができやすい方も多いでしょうが、ニキビ肌に合った化粧水を選ぶことで、肌荒れが改善します。

    そうすれば化粧ノリもますますよくなりますので、メイクも今以上に楽しむことができるでしょう。

    メイクが映えるためには、お肌の美しさが必要です。

    若々しいお肌がさらにきれいになるように、化粧水選びに注意してみてはいかがでしょうか。

    ニキビ肌には保湿が必要…化粧水でしっかり保湿を…!

    20代の方は、まだニキビによる肌荒れに悩んでいる方も多いです。

    ポツンと目立つニキビができる人もいれば、顔全体にできる方もいらっしゃるでしょう。

    肌荒れが悪化してはいけないとメイクもできない方もいるでしょう。

    20代になったばかりの頃は、まだ皮脂の分泌が盛んなので、顔がテカテカになってしまい、油取り紙が手放せない人も多いでしょう。

    オイリー肌の方は、皮脂を洗い流すことに重点を置いて、保湿ケアを怠りがちかもしれません。

    顔がベタベタしていると、潤っているものと勘違いして保湿の必要はないと考えがちですが、実はニキビ肌には保湿が必要なのです。

    お肌の水分が足りないと、さらに皮脂を活発に分泌するようになりますので、化粧水でしっかり保湿するようにしましょう。

    ニキビケアに効果が高い化粧水は、毛穴の中も保湿しますので、ニキビの増殖を防ぐ効果があります。

    抗炎症成分が入っているものが多いので、ニキビを鎮静化して効果があります。

    毛穴の開きや黒ずみ、乾燥、シミ…化粧水で早めのケアを…!

    また、毛穴の開きや黒ずみが気になる方も多いでしょうが、毛穴ケアに効果的な化粧水もあります。

    毛穴に効果的なものは、古い角質を除去する効果と保湿効果があります。

    毛穴が目立って気になる方は、毛穴に効果的なものを選ぶとよいでしょう。

    また、20代でも後半になってくると肌の乾燥が気になる方が増えてきます。

    肌の乾燥には、セラミドが配合されたものなど、保湿効果が高い化粧水を選ぶようにしましょう。

    また、美白ケアを早めに始めておくと、お肌のシミを防ぐ効果が高いです。

    シミはできてから消すよりもできないように若い頃からUVケアや美白ケアを始めておいた方がよいでしょう。

    30代や40代になって後悔しないためにも、20代のうちから美白化粧水を使用しておいてはいかがでしょうか。

    20代は肌荒れやさまざまな肌のトラブルに悩んでいる方も多いでしょうから、悩みを解消する化粧水を選ぶとよいでしょう。

    化粧水は20代の乾燥肌対策として重宝する

    20代の肌は弾力性に富んでいますが、20代のケア次第によって30代の肌状態は大きく変わってきます。

    だからこそ適切なケアをして老化を予防していく必要があるでしょう。

    20代化粧水も乾燥肌対策ができるタイプが好ましいので、いろいろと使用して保湿してあげましょう。

    肌に合った化粧水さえ使用していれば、肌状態が大きく崩れることはありません。

    肌が崩れてしまう原因には間違ったケアがあるため、ここから改善をしていきましょう。

    乾燥肌になってしまう理由には体質の問題もありますが、スキンケアと食生活も関係しています。

    適量の油分を摂ることは保湿対策として役立ちますが、ほかにも洗顔後に化粧水を使用して乾燥対策をすることも重要です。

    乾燥さえ防いでしまえば、肌対策の8割りはクリアと考えてよいでしょう。

    20代は肌のバリア機能が高い年代ですから、無理をしなければ大丈夫です。

    当たり前のケアをしっかりと行っていれば、肌状態が大きく崩れることはないでしょう。

    乾燥肌は20代後半くらいから気になり始める方が多いので、化粧水でケアをしておきましょう。

    スキンケアに早すぎることはなく、早くから行っておくほど美肌を維持しやすいです。

    化粧水を使用する前にはよく洗顔をしておき、毛穴のつまりを除去しておきましょう。

    つまりを放置しておくと、毛穴が汚れてニキビの原因ともなります。

    ニキビを予防するためにも、化粧水でよく保湿をしてください。

    保湿はバリアを形成してくれるので、肌を強くできるのです。

    肌が弱くなってしまう方に共通するのは、年間を通して乾燥していることです。

    乾燥肌というのは体質よりも、日々の環境によって生じると考えてよいでしょう。

    しっかりと肌ケアを行っておけば乾燥対策ができるので、洗顔後に化粧水を多めに使用してください。

    化粧水の使用が少ないと保湿効果が半減してしまい、バリア機能も低下してしまいます。

    20代から正しいケアを身につけておくことは、将来の美肌のために大切です。

    間違ったケアを覚えてしまうと、そのケアを継続してしまうことが多いです。

    肌にダメージを与えてしまう要因として間違ったケアがあるため、正しいケアを若いころから身につけておきましょう。

    保湿ケアは最も大切であり、これだけでマイナス5歳肌が可能になります。

    年齢より老けて見られてしまう方は、乾燥肌を予防するために保湿を徹底してください。

    保湿はバリア機能となり、紫外線に強い肌に変えてくれます。

    20代におすすめの美白ケアは化粧水を利用

    肌の加齢トラブルなどの筆頭として、肌表面に目立ちやすくなるシミやそばかすを予防したいと思っている方は少なくありません。

    特に20代以降はきちんとしたスキンケアを行うことで加齢トラブルを抑える事が出来るため、まだ20代だからといってお手入れを疎かにするのではなく、早めに加齢トラブルに繋げないようなスキンケアを心がけることが重要となります。

    そこで20代のうちから利用しやすいスキンケア化粧品の1つが、美白成分が配合されている化粧水を利用する方法です。

    美白ケアと言うと美容液などの高価な化粧品を利用する必要があるとイメージする方は多いですが、最近では美白成分が配合されている化粧水が様々なブランドより販売されているので、手軽に誰でもお手入れを行うことが可能になっています。

    20代の肌質は人によってはTゾーンなどを中心に皮脂分泌量が多く、頬の部分が乾燥しやすい混合肌の方が増えやすいと言われていますので、肌の潤いが不足しているのに気づきにくく肌トラブルが起こってからケアを始めるという女性が増えやすい時期でもあります。

    ですので、普段から化粧水を利用してしっかり保湿を行うことは肌のコンディションを整えるためにもとても重要になってきます。

    化粧水だけでは肌の潤いがきちんと浸透していかないという方におすすめなのが、コットンを利用したコットンパックの方法です。

    市販されているフェイシャルマスクなどを利用して潤いを補給する方法もありますが、自宅にあるコットンを利用すればわざわざ市販されているマスクを購入する必要が無いのでコストを抑えることが出来るメリットがあります。

    お手入れ方法は普段スキンケアに使用している化粧水を2~3枚のコットンに含ませて、コットンを数枚に裂いてから顔全体に隙間がなくなるように貼り付けて約10~15分程放置するだけです。

    しっかり潤いを与えようとして長時間貼り付けたままにしたり、そのまま眠ってしまうのは、せっかく肌に与えた水分が蒸発して、肌が余計に乾燥するのを進行させる危険があります。

    ですので、きちんと時間を守ってお手入れを行うようにすると、通常の手で行うパッティングに比べて肌内部までしっかり潤いを浸透させて、その後に使用する美容液や乳液などの保湿成分が肌に与えやすくなるベースを作ることが可能になります。

    美白成分が含まれている化粧水で、肌のメラニン生成を防ぐことで年齢を重ねても美しい素肌を維持することが出来ます。

    20代のニキビに効果的な化粧水について

    肌トラブルにはいろんな種類があるものですが、特に多くの人たちが悩まされているのはニキビではないでしょうか。

    思春期の頃からお肌に変化が出てきて、皮脂の分泌量が多くなりニキビが出来るようになります。

    年齢を重ねていくうちに少しずつお肌は変化していき、皮脂と水分のバランスが乱れるようになってニキビが出来ることもあります。

     

    20代は所謂大人ニキビに悩まされることが多く、皮脂と水分のバランスが崩れているケースもあればストレスの影響もあるので原因を見極めることが難しいかもしれません。

     

    また女性の場合は毎月月経がありますから、ホルモンのバランスによって一時的に肌荒れを起こしてしまうのも厄介な問題です。

    根本的に改善するためには、一度生活習慣を見直すと良いです。

    ただ20代のは学生から社会人に変わる時期でもありますし、毎日忙しくて食事や睡眠時間に気を遣うことが出来ない場合もあるかもしれません。

    そんな時は使用している化粧水を変えてみることをお勧めいたします。

     

    Tゾーンや顎はオイリーな状態なのに、頬などは乾燥を感じるといった場合は油分と水分のバランスが乱れています。

    ですから保湿効果が高くて油分・水分のバランスを整えてくれるような化粧水を使い始めていただきたいです。

    保湿力が高い化粧水の中にはべたつきを感じるものがありますが、お肌が荒れている状態で使用すると悪化する可能性があります。

    痒みも感じるかもしれないので、べたつかないタイプの化粧水をたっぷりと使うようにしましょう。

     

    大人の肌荒れに効果的な成分はビタミンC誘導体やグリチルリチン酸、サリチル酸になります。

    ビタミンC誘導体には皮脂の過剰な分泌を抑制する効果があって、おまけに美白効果もあるのでニキビ跡も改善することが出来ます。

    グリチルリチン酸は抗炎症作用がありますので痒みや赤みを抑えることもできますし、炎症を防ぐことが可能になります。

    サリチル酸にはアクネ菌の殺菌してお肌を柔らかくするような効果があるので、悪化しないようにお肌をしっかりと保湿することが出来ます。

     

    このように肌荒れに適している成分が含まれている化粧水を使うようにするだけでも、お肌の悩みを改善できるので試してみてください。

    肌荒れを起こしている時は敏感になっているため、アルコールなどの成分が含まれていない化粧水を使用してみるのも良い方法です。

    皮脂が多い方はオイルフリーの保湿ジェル等を一緒に使うことをお勧めいたします。

    20代の混合肌に適した化粧水選び

    20代の肌はまだ水分量が多く、30代に比べると圧倒的に肌の状態は良好です。ただ、肌の質によって使用する化粧水を変える必要があるため、ここでは混合肌に適した化粧水を紹介することにします。

    乾燥肌と脂性肌が混ざっている肌質のことを混合肌といい、日本人に多い肌の性質です。

    国内最大級のコスメサイトである@コスメでは、この肌質の特徴に注目して適した化粧水選びの方法を提唱しています。

    まず、混合肌の特徴としては、脂性肌と乾燥肌が混じり合って存在している肌質を意味しています。

    頬や目の周りは乾燥しているのにもかかわらず、Tゾーンは驚くほど皮脂が分泌しているのです。

    皮脂の分泌が多い部分は化粧崩れがしやすいことから、皮脂コントロールが必要になるのです。

    このように、脂性肌と乾燥肌が混ざってしまう背景には、生活習慣の乱れや間違ったスキンケア商品の選び方が影響しているため、20代によくみられる肌質であると言われています。

    こういった状況であるため、スキンケア商品を選びにくい肌質が特徴なのです。

    そんな混合肌に合った化粧水は、保湿をしっかりと行うことができるものが好ましいです。

    肌の水分量がきちんと保たれていれば、肌が乾燥することを防ぎ、皮脂の過剰分泌を抑制することができるようになります。

    皮脂が過剰に分泌する背景には、やはり肌の水分量が不足し、乾燥していると判断することによって皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

    そういった影響から、保湿タイプの化粧水を選ぶことが大切です。

    毎日のスキンケアでは乾燥しがちな肌に化粧水をたっぷりと与えることで、肌の乾燥と皮脂の過剰分泌を予防します。

    高いスキンケア商品を惜しげもなく肌に与えられるほどの財力がないという方には、低価格でたっぷりと使えるタイプの保湿化粧水がおすすめです。

    お値段が手頃で500mlの大容量なので、木にせずたっぷりと保湿することができるのでおすすめです。

    さらに、化粧水選びのポイントとしては、さっぱりするタイプよりしっとりタイプを選ぶことをおすすめします。

    Tゾーンは皮脂が多いことからサッパリタイプを選んでしまいがちですが、それでは乾燥している目の周りや頬は潤いが足りずにさらに乾燥が加速してしまいます。

    皮脂の多いTゾーンも実は乾燥しているので、たっぷりと肌に保湿することができる化粧水を選ぶことが混合肌の肌質の改善にも繋がります。

    ポイントを抑えて肌にあった化粧水選びをしましょう。

    20代の肌のお手入れの特徴は…?

    20代の肌のお手入れでは、化粧水をしっかりつけて保湿することが大切です。

    潤いを与えた肌は、過剰に皮脂を分泌することが減り、毛穴も目立たなくなります。

    コクがありすぎない、適度な潤いを与える化粧水を使って、肌に水分をたっぷりと与えることが、20代のお手入れの特徴です。

    化粧水を選ぶ時には、高価なものよりも、自分の肌に合うものを選ぶことをおすすめします。

    コクがある化粧水を使うよりは、さらっとした感触で、水分を肌に与えることが目的の化粧水を使うだけで、20代の肌は良い状態を保つことができるのでおすすめです。

    20代で化粧水を使用する際の注意点

    20代の肌は皮脂の分泌が落ち着きます。

    これはホルモンのバランスが安定してくるためです。

    20代では化粧をする機会も増え、肌に負担がかかりやすくなります。

    そのため、肌の衰えが始まる20代はスキンケアをしっかり行うことが大切です。化粧水を選ぶ際の注意点は3つあります。

    1つ目は自身の肌の目的に適した成分が配合されているかです。

    保湿成分、エイジングケア成分、美白成分など様々な種類の成分が存在します。

    そのため、肌の状態にあった化粧水選びが重要なのです。

    2つ目は肌の刺激になる成分は含まれていないかです。

    刺激性の成分がない物や防腐剤やエタノールなどのアルコール成分、殺菌剤が含まれていない無添加のものが肌に最も良いです。

    3つ目は安価すぎる化粧水を購入しないことです。

    コストを抑えるために、肌に刺激のある成分が含まれている場合があります。

    成分の質や刺激の強さをしっかり確認する事が大切です。化粧水を使用する際の注意点は、化粧水を塗るタイミングです。

    夜入浴を終えたら、肌が乾燥する前にすぐつけるようにします。

    肌がカラカラに乾いてしまう時間は、肌によくない上に負担になってしまいます。

    また乳液を使用するタイミングは、化粧水がしっかり乾いた後です。

    肌の深部に浸透せず、肌の表面に残っているタイミングでは、水分補給が出来ていない状態です。

    そのため、肌がもちっとしたことを確認した後に乳液などをつけます。

    拭き取り化粧水を使用する場合は、コットンにしっかり浸透させる必要があります。

    十分に行き渡らない状態で使用すると、コットンの素材が摩擦を起こしてしまい、肌を傷つける恐れがあります。

    もし化粧水の量を抑えたい時は、スキンケア用の精製水をコットンに染み込ませ、その上に化粧水を出して使用します。

    また初めてスキンケアを行う場合は、肌が安定している生理後の時期に行うことをおすすめします。

    生理中は普段使っていて、肌トラブルのないものを使用する事が肌に一番良いです。

    そして20代は今までの肌質から少しずつ変化していく時期です。

    もし肌の悩みが出てきた際は、今の自分の肌に使用しているものは適切なのか、それとも、新たに肌質に合った化粧水を使用するかどうか検討するタイミングとなります。

    20代の今から適切なエイジングケアをすることは、今後も若々しい肌でいられるかどうか関わってくるのです。
    そのため様々な注意点を意識し、毎日スキンケアを行うことが大切です。

    化粧水を付けるポイントは…?

    水分をたっぷりと肌に入れるためには、洗顔後、すぐに、コットンを使って、肌にていねいに含ませていくようなイメージで化粧水を付けることがポイントです。

    一回で済ませようとせずに、重ねづけすると、よりしっかりと水分を肌に補給することができます。

    化粧水の後は、乳液を薄く肌になじませることで、肌に含まれた水分が蒸発するのを防ぎ、しっとりとした状態を保つことができます。

    お手入れを続けていくと、皮脂の分泌が適正になっていくことを実感できるでしょう。


    #

    ■化粧水の人気ランキング@20代へおすすめ…について…■

    ランキングの掲載順位は、管理人が、独自に色々な調査をした結果ですので、その点はご理解くださいますようお願い致します。

    すでに体験された方のレビューやクチコミ、モニター調査、売れ筋情報やリピート率の動向などから調べた結果をランキングしています。

    それらに加え、スキンケア大学、 All About などの美容の専門家、プロの方々の見解も参考にさせていただき、また、JCLA 日本化粧品検定協会、さらには、厚生労働省 医薬・生活衛生局などの公的機関のサイトも参考にさせていただきました。

    20代の前半はともかく、後半になるとやはり様々な肌のトラブルが訪れてくるようになります。

    20代の肌のケアは、やがて来るお肌の曲がり角へを左右する結果ともなりますので、早めに、適切にケアを始めることが肝要です。

    このサイトが、そのために役立つことをお祈りいたします。

    ランキング

    ※関連サイト↓
    30代のための化粧水