映画

シンエヴァンゲリオンが公開延期になった理由は?

シン・エヴァンゲリオン劇場版が2021年3月8日に公開されることが決定しました。

延期から待ちに待った公開ということで、TwitterなどのSNSでは待ちわびたファンたちから歓喜の声が続出しています。

実は…エヴァンゲリオン劇場版はこれまでにも公開延期が度々されており、ファンの間では「どんどん酷くなっている」と話題になっていて延期されるのが当たり前のような状況になっているとのこと。

そこで、なぜ延期になったの?と思う方も多いのでは!

ということで、この記事ではシンエヴァンゲリオンが公開延期になった理由についてご紹介していきます。

シンエヴァンゲリオンが公開延期になった理由は?

シンエヴァンゲリオン劇場版が公開延期になった理由を調べてみたところ、いくつか理由があることがわかりました。

①監督の作品へのこだわりによる延期

総監督を務める庵野秀明氏は、作品へのこだわりが人一倍強いことで有名です。

一部では「公開するする詐欺」と言われるほど、エヴァンゲリオン劇場版を延期にしてきました。

それに対してファンたちは、本当に完成するのかと思っている人も少なくなかったようです。

②コロナによる延期

ちょうどコロナの感染ピークと被ってしまったため、感染が広がらないようにとのことで延期を決定しています。やむを得ない理由です。

③「鬼滅の刃」ブームによる延期

「鬼滅の刃」が大ヒットしており、先日公開された映画も爆発的人気を誇りました。公開先が同じ東宝が、人気作品を重複して公開することで客が分散されるのを防ぐために延期したのではないかという声も一部でささやかれているとのこと。

シンエヴァンゲリオンが公開延期になった理由は?についてまとめ

今回は【シンエヴァンゲリオンが公開延期になった理由は?と題して】推測されている理由をまとめました。

やむを得ない事情もありつつ、大人の事情も含まれている感じを受けましたが、やっと待ちに待った公開ということで3月8日の公開初日から大盛況であることは間違いないと思います。

映画の感想などSNSの反応も気になりますね!