肌はいつまでも若い頃と同じではありません。
赤ちゃんの肌はとても柔らかくて良いとは思いませんか。
それもそのはず、赤ちゃんの時の肌が最も理想的だからです。
肌の水分量がとても多いので、綺麗な肌をしています。
残念ながら年とともに肌の水分量は減少していきます。年齢肌を感じる原因の一つです。

40代になるとかなり肌の水分量が少なくなっています。
20代の時の肌を比べてみてください。
20代の頃は全然乾燥していなかった人も肌の乾燥が気になっているはずです。
だから、化粧水を使うのならばしっとりタイプを使います。
さっぱりタイプの場合はエタノールが入っていることがあります。
エタノールは脂性肌には良いかもしれませんが、肌が乾燥している人には良くありません。

しっとりタイプの化粧水はたくさんありますが、どれも保湿成分がたっぷり入っています。コラーゲンやヒアルロン酸などが入っていますので、これを使うことで肌の水分量を増やせるはずです。
ヒアルロン酸には水を抱え込む働きがあるので、乾燥している肌に使うと潤いをきっと感じられます。

40代は自らコラーゲンを作る力も弱くなっていますので、コラーゲンが入っている化粧水がおすすめです。
自分で作れないのなら化粧水で補いましょう。
しっとりタイプの化粧水であればコラーゲンが多く入っていることもあります。
これを洗顔後に重ね付けしてください。たくさん使うことがコツです。

肌の乾燥にはセラミドもおすすめです。
セラミドが入っている化粧水を使ってみてください。
40代になるとセラミドも不足しています。
いろいろな成分が不足しているので、凝縮されている化粧水を使ってどんどん補いましょう。

時間がある時にはローションパックしてみてください。
より肌にたっぷり美容成分を浸透させることができます。
肌の奥まで浸透することで、パックを外した時にはくすみが取れているかもしれません。それくらい、これまで肌が乾燥してくすんでいたことがわかります。

スキンケアで何を使うのかだけではなく、使い方にも気を配ることが必要です。
良い化粧水を見つけたら、たくさん使うようにしましょう。
値段が高い方が効果があるような気がするかもしれませんが、値段よりも中身で選ぶべきです。
エイジングケア成分が入っていればより効果的です。
40代はかなり女性ホルモンが減少していますので肌の状態も大きく変わります。
年齢肌に負けないためにもエイジングケアできるかも考えた上で化粧水を選んでください。