20代の女性

敏感肌の人は特に、洗顔後に一番初めに肌に塗布するものには慎重になる必要があります。

大抵の人が洗顔後、タオルドライをした後には化粧水をつける事が、習慣となっていると思います。
肌の状態によっては化粧水がしみたり、赤くなってしまったりと肌へダメージを与えてしまう事になるので、化粧水はとても重要な役割を果たしていると言えます。

特に20代の肌は、環境や体調によって大きく変化するので、自分自身の肌の状態をいつも一定と思わず、詳しく観察することが大切です。
季節の変化に伴い、肌の水分量や油分量が大きく変わるようであれば、使用する化粧品もその都度変えることも必要になってきます。

20代の皆さんはまだリッチな化粧品でエイジングケアをするには早いですし、金銭的にも高級な化粧品をそろえる事は難しいと思います。
でも、どんな年齢層でも、どんな肌質でも共通して言える事があります。
それは、高い化粧品を使用することではなく、日々のしっかりとしたケアを怠らないという事です。

まず大切なのが、毎日の汚れやストレスをしっかりとリセットするという言事です。
そのためにも毎日洗顔を行い、その日の汚れや化粧品はしっかりと落としましょう。
そして、洗顔料が肌に残ることが無いように、きちんと洗顔料を落としきることが大切です。
あごの下や耳の付け根、おでこの髪の生え際など綺麗に落としましょう。
柔らかなタオルでこすることなく、やさしく肌をおさえる様にタオルドライをしたら、その後が肝心です。
時間を置くことなく、すぐに保湿をしましょう。
化粧水をたっぷりと付けるのですが、その時、手のひらで丁寧に押し込むように肌にいきわたらせます。
必要であればその工程を二度、三度繰り返します。
乾燥肌に必要なのはこの水分補給をしっかりと丁寧に行う習慣なのです。
クリームや美容液は丁寧につけても、化粧水はパシャパシャとはたく程度に、という人も多いようです。
乾燥肌には化粧水を丁寧にしっかりと奥まで届かせるような気持ちで行う事が効果的です。

そして、もちろんしっかりと乾燥肌に保湿をした後は、クリームなどの油分で蓋をしてあげる事を忘れずに行ってください。

敏感肌はその時によって状態が揺らぎがちですので、自分で使用する基礎化粧品のアイテムを足し算や引き算をして肌をケアしてください。
ただし、化粧水は必ず丁寧にたっぷりとつける事が必須です。

時間のない朝もこれを行う事で一日のキレイが違ってきますよ。

化粧水人気ランキング@20代へおすすめ…調べてみました!
     ↓     ↓     ↓

ランキング