いつまでも若々しい素肌は女性の憧れですが、個人差はあるものの40代ともなるとお肌の状態が変わって来ることが多いようです。
40代になるころには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が低下していきます。
さらにはお肌に潤いを与えてくれる皮脂の分泌量も減少するといわれていて、40代のお肌は20代、30代の時に比べると乾燥しがちになってきます。お肌の乾燥はしみ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開きといった肌トラブルにつながります。
お肌の奥にある角質層に十分な水分量がないと、お肌を守ってくれるバリア機能が低下してしまうのです。
いつまでも若々しい素肌は女性の憧れですが、個人差はあるものの40代ともなるとお肌の状態が変わって来ることが多いようです。
40代になるころには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌量が低下していきます。
さらにはお肌に潤いを与えてくれる皮脂の分泌量も減少するといわれていて、40代のお肌は20代、30代の時に比べると乾燥しがちになってきます。お肌の乾燥はしみ・シワ・たるみ・くすみ・毛穴の開きといった肌トラブルにつながります。
お肌の奥にある角質層に十分な水分量がないと、お肌を守ってくれるバリア機能が低下してしまうのです。

このように、多くの肌トラブルからお肌を守るためには乾燥を防ぐ保湿が重要ということが分かります。
乾燥を防ぐまず一つ目のステップとしては、普段お使いの化粧水の機能を見直す必要があるかも知れません。
若い頃からずっと使っている化粧水が、年代に合わなくなってくるということがおきてくるのです。
今までよりも保湿に特化した化粧水を見て行きましょう。

保湿性の化粧水で良く見かける成分と言えば、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンです。
まずセラミドは、肌の角質層で細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるような存在です。
セラミドがたっぷりあって角質層が整っているのは肌の潤いに欠かせません。
ヒアルロン酸は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っているます。
ヒアルロン酸は真皮に多く含まれ、水分を保持しているので、ヒアルロン酸の多いお肌は表面も潤ってるのです。
コラーゲンは人体を構成するタンパク質の一種で、身体の30%を占めています。中でも皮膚の70%はコラーゲンであり、真皮のコラーゲンが皮膚の張りや弾力を保ちます。

またプラセンタエキスは、天然アミノ酸をはじめ表皮の角質層にあるNMF(天然保湿因子)を含むためバリア機能も高めてくれます。
化粧水には、消毒剤や防腐剤としての効果や収斂作用があって、さらりとした使い心地も良いためアルコール(エタノール)が使用されたものが多いのですが、アルコールはお肌への刺激が強いためお肌のバリアが低下してしまうとも言われています。
40代のお肌にはダメージが大きいとも考えられるため、化粧水を選ぶ際にはできるだけエタノールを含んでいない「ノンアルコール化粧水」を選ぶこともお薦めします。

年代に合った化粧水でお肌を整える事が、しみ・シワなどの加齢による肌トラブルに対処する第一義ではないでしょうか。