40代になってしみじみと思うのは、乾燥はなかなかなくならないということでしょうか。仕事も短時間ですから化粧だってさほどきっちりしたフルメイクをしているわけではないですし、家に帰るとすぐにメイクは落としているのですが、化粧水をバシャバシャと2回ほどしみこませないとどうにも内部が乾燥しているように思えます。くすみがあり、部分的に赤みとにきびがあります。一度高級化粧品ラインの化粧水を使ったときには30代でしたが、使って1週間ほどで肌が内側から白くなってきたのを感じたのですが、40代になってからは化粧水だけではなかなか難しく、美容液や乳液も一緒に使わないと肌への影響は実感しにくくなっています。

他の40代の女性の化粧水に関する体験談を読んでみても皆さんかなりの量の化粧水を使っているようでした。やっぱり保湿をメインに考えている方が多いようです。メイクアップアーティストの方が書いている本など、色々読んでみましたけれど、どこでも基本的にはけちらずにたっぷりの化粧水をコットンに含ませて肌に染みこませましょうと書いてあります。これを実行しようとすれば、かなり大量の化粧水が必要になりますからそうそう高級なラインは使ってはいられませんよね。だから出来るだけ、インターネットだけで買える商品ではなくどこにいっても手に入るメーカーの無添加のもの、出来るだけコエンザイムなどのアンチエイジングのものを選んで使うことにしています。

40代ってホルモンバランスも狂いだす時期なのでしょうね。毎日体調や気分が変わったりもしますから、肌も敏感になっていると思うので、出来るだけ刺激のないものを選ぶことは肝に銘じておかなければならないかな、と思ってます。眠る前の肌の手入れで化粧水をつけて痛みを感じたりするのは本当に嫌ですよ。リラックスからは程遠い気分になってしまうので、刺激が少ないものであることはきっと皆さん共通のポイントだと思います。


現在は去年から使っているインターネットのコスメランキングでも常に上位にいる化粧水です。安くて、無添加で、しかも大容量なので2ヶ月くらいはもつのが助かってます。やっぱりコストがかかりすぎると効果も期待しすぎてしまうので、ほどほどの値段でいいからほどほどには効いて欲しい、その実感が欲しい、と思います。40代の化粧水に大切なのは、保湿です。その一言に尽きます。体験談をチェックして新しいものを試すときには、まずは保湿がどれくらいなのかを確認することにしています。